検索
 
最近のコメント
学校行事 by かおり (06/07)
学校行事 by オレシケ (06/05)
学校行事 by かおり (06/05)
学校行事 by オレシケ (06/03)
放置してすみません by かおり (05/27)

2011年04月05日

無題

前回からの続き

友人は朝6時に宿泊施設を出発、帰ってくると20時。

各避難場所により必要な物資が違うため、子供のいない場所におむつが山積みだったり

毛布ばかりでぺーパーがないとか。

大量の物資を持って行っても同じ量の不要な物資を本部へ持って帰ることも

あったらしい。 勝手に動ける彼らでないため、勝手にリストを貰ってくることも

ままならず、何だか行政と避難場所でのバランスが悪いらしい。



非常に無駄を感じた友人は自分達がいる間だけでも必要物資だけを届けてあげたくて

独断だけどリストをあげてもらい、今日届けているようです。

あれだけの震災の中で行政もてんやわんやもわかるが、無駄にガソリンを使わずに

すむようにしたらどうだろう? みなどこでも平等に・・・もわかるがなぁ。

ホテル→現場までは2時間弱、時間を無駄にしたくなくて友人達グループはその体制で

動き、彼らと交代でこっちを出る人たちに伝達していくようにしたらしい。

行政通りに動いていたら「本当に救ってあげたい人が救えない」

イラついた声が悔しく感じた。 

仕事仲間でも家屋全壊の人がいる。 彼らは明るく前を見つめている。

そして必ずもう一度自社ビルを建て直す!という力強い声に元気づけられるとともに

こちらも負けてはいられないと力をもらった気がします。



忘れもしない小学校一年生の時、住んでいる地域でも大きな水害があった。

当時2階のなかった自宅は軒まで水没。弟と私は早めに隣家へ避難した。

ぐずぐず泣いてばかりいる弟を背負い、親戚にお世話になり、両親は水没した家の

掃除に明け暮れた。

水没した家を遠目に見ていた父がいたたまれず、ヘビやペット、人糞、ありとあらゆる

物が流れていく川のような水の中泳ぎ、自宅の屋根に登りうなだれていた姿を

今でも忘れない。 あんな父は初めて見た。

21歳で小さな家を建て、下っ端から始めた今の仕事がすべてなくなった。

当時洋服、お茶碗、お気に入りだった靴、ぬいぐるみが全て流れてしまった後、

残った物は人の好意と支援物資だった事を思い出した。

今、天災で全てを失ったら被災地の人たちや当時の両親のようにもう一度、

自分は頑張れるんだろうか?  その元気はないのかもしれない、と思った。
posted by かおり at 11:18| 静岡 ☁| Comment(6) | 日々の幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行政や配達を待っていてはダメなんです。
避難所が自治組織を作って取りに行かなくてはいつまでたっても変わりません。

行政職員も被災者です、いない人のほうが多いのです。
阪神大震災の教訓がまったく活かされていません。
Posted by オレシケ at 2011年04月06日 21:22
オレシケさん
支援物資を取りに行くと分配が出来てないからダメだって言われたそうです。
なんのための行政なんだか・・・。
若手がいる避難所は落ち着いているようですが、指定避難所以外には昨日ようやく物資が届いたようです。
あの津波では避難訓練や津波対策もまったく歯が立たないですよねぇ。
今回の津波は全ての予想外ですから仕方ないのでしょうな。
Posted by かおり at 2011年04月07日 13:33
いがみあったり、文句を言ったりしても何の解決にもなりません。
今の体制はそこに住んでいる人たちが決めたことなので、
外野は手伝ってあげても批判をする必要はないのです。
Posted by オレシケ at 2011年04月07日 14:36
それもそうですね。
一般の私たちも時期を見て何か行動を起こすそうです。現地のジャーナリストから現実の画像をいただきましたがあれを見れば何かをしたくなる今の全国民の気持ちが一致すると思います。
なが〜い目で見てあげたいですね。
Posted by かおり at 2011年04月09日 11:52
なが〜い目で、末永い支援をしていきましょう。
友人達もがれきの片付けやライフラインの復旧に出発しました。
できれば、暑くなる前に仮設住宅や仮住居への引越しをさせてあげたいですね。
Posted by オレシケ at 2011年04月09日 21:20
でっかい余震もあるけどみんな少しずつ元気取りもどしてきてる。でもでっかい余震は怖かったと現場に居合わせた知り合いが言ってた。
遅い春、夏も少し遅めに短めに過ぎ去って欲しいですね。
Posted by かおり at 2011年04月12日 13:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。