検索
 
最近のコメント
学校行事 by かおり (06/07)
学校行事 by オレシケ (06/05)
学校行事 by かおり (06/05)
学校行事 by オレシケ (06/03)
放置してすみません by かおり (05/27)

2011年09月22日

完成 〜シルバークレイ〜

dan.JPG

細かい傷はいつでも取れるため、とりあえず鏡面っぽく仕上がり!

細かい傷は正直諦めていたけど、これだけはどうしても手を抜くことが

できない思い入れの強いものだった。

そこで3年ほどご無沙汰してしまったけれど先生に連絡し、夜時間をもらって

鏡面の最終仕上げの復習に行ってきた。

「本当にツルピカの鏡面にしたければ、第一工程で1時間、第二工程で2時間ほど

磨けば傷は一切消えます」


とのこと。  できる限りの事をしてやっと傷もある程度は消せた。

水を付けながら砥石で包丁を研ぐように小さなアクセ片手に奮闘していたここ数日。

ほんの1時間でも空くとひたすら磨く、磨く。

小さな枠もヒビが入ったけれど再度つけ直し、オニキスもピッタリ

おさまったexclamation  ・・・なんとか無事に。

題名 みたまんま、DANCE(飛躍)


自分の周囲で頑張る人たちを感じながら、大事に思う人が一番好きな事が出来るように

飛び立ちながら力強くはばたけるようにと一番最初にイメージできたもの。


デザインを起こすとき、あれもこれもと欲張らない。

とにかくすぐに出来る物でないからこそ、時間をかけたくなるしそれが出来上がる

までに全てをつぎ込むため、出来上がるとなかなか次のものがイメージできない。

そして間が空く、1ヶ月空く、半年空く、さらに1年空くとそろそろ作るか。

このくり返しです。 だからこそ一度つけるとそのままつけっぱなしダッシュ(走り出すさま)

でも今回は鏡面仕上げの大変さをしみじみ感じたからお出かけアクセかな。
posted by かおり at 14:02| 静岡 ☀| Comment(0) | アートクレイシルバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。