検索
 
最近のコメント
学校行事 by かおり (06/07)
学校行事 by オレシケ (06/05)
学校行事 by かおり (06/05)
学校行事 by オレシケ (06/03)
放置してすみません by かおり (05/27)

2006年11月07日

留守します

明日から北関東へ出張します。

お泊りよぉ〜んぴかぴか(新しい)

でも社長と一緒。
お泊りも社長と一緒がく〜(落胆した顔)

しかも部屋まで一緒もうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)

お泊りなのに喜べない・・・あせあせ(飛び散る汗)

社長とはうちの父。
取引先から私指名で講師の依頼があっていつもの北関東へ・・・車(セダン)

しかもよ??3トントラックですさ車(RV)

いい歳をしたお姉さんがでっかいハンドル回して首都高抜けて北関東ってどーよexclamation&questionexclamation&question

「トラック野郎じゃあるまいしもうやだ〜(悲しい顔)

そして10.11日は仕事イベントで本川根町へ・・・。
すんごいハード。 泊まり先へ行くと寝られないから10.11日のイベントは
死んでいることでしょう。

というわけでブログはもしかしたらphone toからの更新となるかも知れません。
みなさま、よろしくムード

行ってまいりまするひらめき
posted by かおり at 15:31| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

あくなき挑戦  〜お米編〜

いざ!土鍋で炊こうぴかぴか(新しい)とチャレンジです。

「はじめチョロチョロ、中パッパ・赤子泣くともふた取るな」
なんか、そんな言葉を聞いた事があるな、と思いながら中火より強めで15分炊きます。
空気穴から勢いよく蒸気が出始めたら3分間炊き、火を止めて15分〜20分蒸らし。

待っている間、なんだかソワソワわーい(嬉しい顔)
♪まだかなぁ・・・るんるんと楽しみに待ちます。
そしてお待ちかねレストラン OPENハートたち(複数ハート)

±????.JPG

ふっくらご飯ひらめき  もっちりのお米です。

¨????.JPG

本日のお夕飯に完食です。 普段あまり食べてくれない子供も「おこげ」がおいしい!と
おかわり、しましたexclamation×2
なんだかとてもうれしく、おいしい食事でしたレストラン
posted by かおり at 14:48| 静岡 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

小学校の運動会だ晴れ

しばらくサボッていたブログ、再開!!

21日は子供の学校の運動会でしたビル
たまには母親しなきゃ!と前日からお弁当の下ごしらえレストラン


ちゃんと食べてくれるかなexclamation&question
子供の好きなものはナンだっけexclamation&question
おにぎりの具はなににしようexclamation&question

なぁんていろいろ考えながら。
でも結局いつものおかずになってしまって、でも子供はそのほうが
いいようす決定


運動会ようでも何でもないいつもと同じお弁当のおかずになりました

¨??±????±.JPG

いつもは残してくるお弁当もコレ+おにぎりをペロリ完食どんっ(衝撃)
普段からこのくらいしっかり食べてくれるとうれしいよふらふら
必ず何かを少しずつ残してくるんだもの。

そして午後の競技までの間、まったりしている息子です
やる気がないな.JPG

運動がキライで屋内作業や植物、動物を育てるのが大好き、インドアな祐希。
唯一、習っているのはスイミングくらい。
この運動会の日も夕方からスイミングで昇級テストがあり、疲れていたにもかかわらず
一発合格!
本人も少し頑張ろうという気になってくれたかしら?
母は心配です。

走るのが大キライ!! マラソン大会なんてこの世のものではないような言い方します。
うちの母は
「いいじゃん!足が遅いのも愛嬌のうちよわーい(嬉しい顔)

と言いますが

どんな愛嬌だよ・・・ダッシュ(走り出すさま)

マラソンなどはやる気がおきないらしい。
当然、運動会の徒競走もビリにならなくて良かったexclamationという程度。

「よっしゃ!!女子に負けなくて良かったわーい(嬉しい顔)
とご満悦だけどね、そこの君exclamation

その(よっしゃ!)のやる気をちょっとばかり徒競走に回してもらいたかったよ。
まぁ・・・・そのうち、早くなるのかな?
無理か・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

お疲れ!祐希!!



posted by かおり at 12:07| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

臨月の彼女

¨±°????.JPG

一週間ほど前から子供がまたカマキリを飼い出した。
本人は知らずに飼っていたらしいが身重の彼女だったらしい。
毎日バッタを2匹ずつもバッド(下向き矢印)食べているもんだから

見てよ、このおなか。


エサを獲りに行く子供もこの涼しさでバッタがいないらしく
結構苦労していますふらふら
けど子供にとってもまぁ、良いこととして見ていたら
昨日、泡のたまごを生みおなかはすっかりペッタンコ

なんだか気持ち悪い泡のたまご。
子供がたまごを触ろうとするとカマキリかあさんは羽を広げて怒る。

母「うわっあせあせ(飛び散る汗)なにコレ?? 羽広げてるカマキリ初めて見た!」
子「初めてなの? 威嚇してるんだよ。たまごあるから。」

と観察の毎日。 
家の中だけはいれるな!という約束をしてある。
だって家の中で孵化しちゃった日にゃどうしようもないだろう。
あんな小さいカマキリが家中のあちこちに散らばったら
泣くよ!
というわけでしばらくはカマキリの観察が続くだろう。
posted by かおり at 13:47| 静岡 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

知らぬは家族ばかりなり猫

今朝、職場の事務机の上にキチンと置かれた防犯会社の封筒・・・・

開封権利のある私が開封している時、店の外で向かえのいわゆる近所に一人はいる
スピーカーのおばさんに母が捕まっている。

おばさん「○○さん、昨日は大変だったみたいねぇ、驚いたよぉるんるん
と楽しそう。
母「はい? 何かありましたっけ?」
おばさん「えぇ?知らなかったの? 昨夜、お宅にパトカーと警察官が大勢だったのよ」
母「う、うちですか? やだ。知らなかった。ちょっと調べてみます。」
と店へ入ってくる。

昨日は会社兼住宅は全くの不在でした。

ちょうど店内に入ってきた母を捕まえて・・・
わたし「ちょっと○○○がコレ、置いてってあるよ。知ってた?」
母「今、向かえの人に聞いたの。おまわりさん、来たんだってよ、ちょっと
  何があったのか、書いてない?」

○○○の報告書より・・・・
○○署の○○さまはじめ、
パトカー4台、警察官8名動員し、確認しましたが異常なしのため退散しました


わたし「ちょっと、ちょっと。パトカー4台も来たの?」
母「お回りさんも暇だよねぇ・・・」
ふらふらもうやだ〜(悲しい顔)がく〜(落胆した顔)ふらふらもうやだ〜(悲しい顔)がく〜(落胆した顔)ふらふらもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)ダッシュ(走り出すさま)

そうじゃないでしょう。でも4台もなんて・・・

みっともないったらありゃしない!! ただでさえ狭いお店に警察官8名なんてさ。
でもセ○ムさんはほんと対応が早いexclamation×2 
こんなのも初めてだったけどそれにしても警察にも同時に報告なんて素早い対応で恐れ入りました。

もちろん、一番良かったのは何事もなかったって事です。
posted by かおり at 20:21| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

自然の中の教室

カヌー大会の前日、月一回ある講座へ参加。
仕事にも生かせると思い、参加してみた。
お茶の手揉みをしたり、飲み比べをしたり、歴史を学んだり・・・

その中でも今回の催しは
「茶染めを体験しよう」

でした。
なかなか自分だけでは出来ないし、大人数でやるのが楽しい!
山の中腹までマイクロバスで出かけ、斜面を切り開いたような場所に出た。
Β????.JPG
「夢家」と名づけられたそこは夫婦ではないようだが仲良しな二人がお互いの夢を見つけるために開拓したらしく 全て自分たちの手作り。
廃材で家を作り、羊を飼い、糸をつむぎ毛糸を編み、お茶も手作り、野菜も家庭菜園で取り・・・と生活している。

「衣食住音」をテーマにものづくり、ワークショップなどを展開している。
¨??????????.JPG
この階段ももちろん手づくりなのだが、なんともいえないいい素材。
モルタルなのかなぁ? いい角度で上の部屋へ上りやすくしてある。
そして、下には荷物もおけて階段の高さも自分たちの老後を考えてあまり高くせずちょうどいい幅が取られている。

そして見上げると・・・・
〓??±??〓〓[〓[.JPG
ひょうたん
ただのひょうたんじゃないひらめき
実はスピーカーです。
もちろん、手づくり。

そして音を出してくれた。もう、これでクラッシックなんて聴いたらCDデッキからの音なんて聴けない・・・exclamation×2
彼いわく、普通のスピーカーと違い角がないため音が広がりどこにいても
会場にいるような臨場感ある音が響き渡る。
おまけに隣の家まで500mくらいあるのでどんなに大きな音を出しても
苦情が出ないそうだ。
古い物を捨てるのではなく、現代版にして生かすが彼らの生活の根底にある。
例えば、子供がかぶるような麦わら帽子。
それは電球のカサになり、壊れてしまったタンバリンは文字盤をつけて時計になる。
すごいことだ。

そして、自分たちで敷いたタイル張りのキッチン。
これがほんとに使いよさそうでキッチン大好きな私にはたまらない場所グッド(上向き矢印)
キッチンに立つと周囲は山しか見えない。
すごくステキなキッチンです猫

窓もガラスも全て廃材を利用しているのに なぜかすごく居心地のよいところ。
落ち着くって言うんだろうね。きっと。

お風呂もタイルにはビー玉が埋め込まれたりして見た目にもきれい。
そして、お風呂場だというのに隠すような布・天幕などが一切ない。
ここだったらのぞくのは動物か、虫か、空か?ってところだろうから隠すものを
作る必要がないんだろう。
誰かが、「人間が観察される場所みたい」と言ったけれど まさにその通り。

そしてお茶を煮出してくれて染物開始!
染料に20分ほどつけてから絞り、媒染につけて色を定着させる。
е??.JPG
ただ染めるのではなく、絞り染めにする。
ビー球・洗濯バサミ・割り箸などを使いながら各自思い思いの柄を考えながら
絞り部分を作っていく。
でも絞りってどのように出るのかまったく未経験の私にはわからずかなり考えたのだけど「思い切り!」が足りなかったらしい。

〓〓[〓.JPG
四角い部分はビー玉を使いました。線状に見えるのは端っこからつまんでから輪ゴムや紐で結ぶ。
思いっきり大胆な発想を持てば、面白い物が出来るという。

なんせ初体験だったし、ただぐちゃぐちゃと柄があってもなぁ・・・と考えて
控えめにしたのだけど逆につまらなすぎてしまいました。
個人グループでも受け付けてくれるとの事だったので うちのお茶会のメンバーを連れて改めてやりたいと思った。

でも窓もほとんど開けっ放しなので家の中はアブだらけ。
ブンブン飛び回り、蟻も1センチくらいあろうか?というくらいのものが
這い回っている。すごいところ。

そんな中でかわいい子犬を見つけた犬
????????.JPG


posted by かおり at 15:13| 静岡 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お留守番、ありがとう その3

いい忘れた。
今、放映されているボート競技のドラマ、なんでしたっけ?
もこみちくんが出演の・・・・。
あの競技のスタートのかけ声で思い出した。

もこみちくんのドラマはなんでしたかな?
カヌー競技にももちろん、あります。
それが連盟の検討の結果、徐々に、かなり早いペースで変わっていきます。

いろいろありました。
「レディー・ゴー」
「アテンションプリーズ レディー・ゴー」
「アテンションプリーズ ゴー」
そして今は
「スタート・ウィズ・イン・テン・セコンズ ゴー」です。

10秒以内にスタートします。(間があき)ゴー」の訳です。
でもスターターによっては間がかなり空いたり空かなかったりで さまざま。
あまり下手なスターターだと苦情が出るので要注意な配役なので ここはいつも
うちの協会でも必ず決まった人がやります。
全国大会も国体の時もひとつの苦情もなく、やりきりました。
さすが、プロぴかぴか(新しい)

山々にこだましていますが、そんなスターターのかけ声です。


無料ダウンロードするとソフトが開きます。
posted by かおり at 10:47| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

お留守番、ありがとう その2

レースに出るカヌーに乗るのに どのくらい練習したら乗れるのでしょう?
だいたい、普通に乗って漕げるようになるまでには早くて一週間。
とにかくバランスが悪い。
艇を見てもらうとわかるかもしれない。
腰はほとんど座っている場所から出ている。
ということは?
腰掛けている部分はかなり狭く、浅いダッシュ(走り出すさま)
腰から下と体とパドルでバランスをとるのです。
これがなかなか大変。

だいたいの人は乗ったその場で落ちます。ひっくり返るのです。
それでも運動神経の発達している体育会系の彼・彼女らはあっという間に
技術を覚え、県代表になるのです。
うちの県では種目の違うワイルドウォーターでも日本代表選手がいる。
そして、レーシング(画像)のカヤックシングル部門でも世界各国へ行った
兄弟がいる。
父親が地元国体の盛り上がりのために末の娘が小学校3年生からカヌーを
始めさせて今では日本代表レベル。
男二人、女1人の兄弟が全員とも県代表・地区代表となっている。
そして、今年のこの大会でも個人部門は圧勝だった。

若い子たちのパワーはすごいよねぇ?
表彰式が終了すると全国各地の選手が高校ごとに階段の一番上から
ありがとうございました!!
と大きな声で会場と会場スタッフに挨拶をくれる。
これが一番気持ちいい。

そして、ある県は何を思ったか50名くらいが一気に階段を下りて一番下から
魔の階段を片足ケンケンで上がってくるのだ。

もちろん、休憩なしの一気


ありえない・・・ー(長音記号2)
と言葉を失うあたしたち。
私はずっと学生の頃から選手の補佐、マネージャーの役目。
そして、県代表の事務局長をやり国体終了年に事務局長を引退。
今は裏方と新事務局長の補佐。
でも表舞台よりこっちの方がよっぽど楽だし、向いている。

大きな団体のわりにはマイナーな競技だけど この中にいるとなんだか
楽しかったのよね。
結婚してからもキー(長音記号1)ときたり、クソォどんっ(衝撃)とくるとこういう大会へ
行き、汗をかいてリフレッシュして帰ってきたし。
きっとこれからもしばらくはかかわっていきたい競技です。
posted by かおり at 13:01| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お留守番、ありがとう

全景.JPG

ダムの上流、貯蓄水が会場です。
2003年には「国体」が行われた大会会場で今もそのまま
大きな大会には使われています。
湖面の照り返しや日差しを遮るものがないここはものすごく暑いか
ものすごく寒いかのどちらか。

27日・28日は日差しもほとんどなく、どんより曇りで無風。
これは選手にとっても好天気exclamation×2
暑くもなく、風もないという事はどの選手もフェアなレースが出来るから。
私の今回の配役は「決勝審判員」
つまり、レースの着番号のチェックの機械装置担当。
午前はスーパーストップウォッチという数秒速までカウントが取れるウォッチを
握り締め、ゴールラインを割る瞬間で秒速を計る仕事。

これがあなた、ものすごいプレッシャー

決勝試合ともなれば1.5秒の間に9艇のカヌーが滑り込むわけだからカウント
とるほうも必死。
瞬きも許されませんふらふら
もちろん、予備カウントはセイコーさんが2つくらい余分にとってくれているし、カメラ判定もあるので決勝審判が全ての判定基準ではないのだがカウント漏れをしてしまった事もある。
大きな連盟のおエライさんが
「大丈夫!カウントは少ないより多い方が助かるからとにかく余分でもいいからカウントボタンを押してください!」
という。

「ゲームのジョイスティックを押すつもりで・・・・わーい(嬉しい顔)

と優しいお言葉。
けどゲームをやらない私にはさっぱり意味がわからない。
ジョイスティックってなんだドコモポイント

生徒.JPG  船、いっぱい.JPG

カヌー艇には

一人用  カヤックシングル
二人用  カヤックダブル
三人用  カヤックフォア

の3パターンと他に種類の違う

カナディアンシングル・ダブル・フォアがある。


画像はカヤックのフォアとダブル。
カナディアンとは方ひざを立てて片側のみをひたすらバランスと方向をとりながら
前進するカヌー艇。 これはダブル用

〓????〓〓〓〓.jpg

人数が多ければ多いほど、チームプレーが大切になる。
本人たちの息の合わせ方、パドル(漕ぐもの)が水に入る角度からインターバルの距離などいろいろで
ただ息さえ合えばいいというものではない。
パドルの位置と向きがほぼ4人とも揃わないと好タイムは出ない。

カヌー船.JPG

右下に見える色とりどりのカヌーは全てわが県の艇。
国体があったということもあり、買い上げたらしい。すごい数。
そしてすごい金額なんだろうな。
近県で大会が行われる時には貸艇したりして維持している。

そして、もうひとつ見てもらいたい!

手前の階段、工事用のウマが置いてあるが これは「魔の階段」といって
100段ある

私たちはこの階段を一日に4.5回行き来する。
最初は軽く駆け上がれるが、50段くらいになるとその足も止まる。
そして、残りの10段くらいになるとほとんどみんな、息があがる

足が前に出てこない。
ゼイゼイ言いながらみんな上がってくるため上で見ているとなかなか

おもしろいのだ黒ハート

でも私のいる決勝審判のところも一番下なので 下りたら必ず上るのだ。
しかも、トイレは上に多くあるためお昼休みの間にまた上り、そして下りる。
国体の時なんかは一体、何回上り下りしたのだろう?

そんなこんなで表彰式。
遠め表彰式.JPG

○○県の生徒、おめでとう!!

ちゃちゃまるへ
赤ジャージ生徒の後ろで まるで学校の先生のようにいるのは
カズさんです。


posted by かおり at 12:06| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

本川根までひとっ飛びなのだ飛行機

明日から月曜日まで留守にいたします。

いつもの本川根町(現在の川根本町)でいつものカヌー大会がありまする。
文部科学大臣杯で全国から約350名の生徒たちが集まり、大会が行われています。
私は明日は仕事の講習会が終了次第、合流予定なのです。
翌日よりこの暑さと炎天下の中、働いて参ります。

しかし、あそこは何度行っても暑いよ。
ものすごい暑いよ。
下界の人間が行くとあの暑さでまずやられる。
私も頭痛薬、胃薬などをバックにいれてあります。

ちょっくら行ってきますのでみなさま、お留守番よろしくネン!!

追伸
ものすごく大きなダムで行われるため珍しい景色など撮影できましたら
携帯からアップしますのでチェックしてね。
posted by かおり at 23:14| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

私のペット その一

??〓????.JPG

毎年、我が家ではスズムシを育てています。
この子たちは餌さえあげておけば、10月終わりくらいまで鳴き続けて
一生であるひと季節を終えるのです。
そしてお母さんは底砂にたくさんの白い卵を産みつけていきます。

そして飼っているわたしは春まで卵が乾かないようにお水をあげ続けて
また4月の終わり頃に孵化させ、そして夏の間中ずっと涼しげな音色を
楽しむのです。

餌はナスと市販のスズムシの餌、そしてかつお節、さらには粉チーズ
市販のスズムシの餌は栄養補給、かつお節は音色の良さを保ちます。

粉チーズは・・・・・・?なんだと思います?
ここのところクイズに凝ってますな。

粉チーズを与える理由は、

お父さんがお母さんに食べられないようにするのよんわーい(嬉しい顔)

食べちゃうんだよなぁがく〜(落胆した顔)
お母さんがさ、動物性脂肪が足りなくなると食べちゃうのよ。お父さんを爆弾

う〜ん、この現象はスズムシ社会だけではなく 我が家にもありそうなんだな。
なんて・・・
でもホントです。
粉チーズをあげておかないとたちまちお母さんたちはお父さんを狙います。
早い時期からチーズをあげて お母さんたちの食欲を満たしてあげておかないと
9月半ば頃には涼しげな音色を奏でるお父さんがいなくなり、お母さんばかりになってしまい
彼女らが子孫を残して一匹残らず死に絶えるまで餌を与え続けなければならず 
うっかりすると忘れてしまったりしちゃいます。
ごめんよ、スズムシくん。

15日ほど前からたくさんの鳴き声が聞こえるようになってきたのでもうしばらくは
楽しめると思うんだけどね。
ナスはすぐ痛んでしまうし、かなりの数のスズムシたちがいるのですぐ
餌もなくなります。
世話って大変よね。
なんてこんなちっさなスズムシごときで「大変」なんて言ってるようじゃ
ダメだね。
けど我が家には虫かごが5つもある。
子供のカブトムシとサワガニだ。
こちらは担当が違うため私はノータッチ手(パー)

早く夏が過ぎて玄関を占領している虫かごを撤去したいですもうやだ〜(悲しい顔)

posted by かおり at 22:38| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

子供満足の週末

清水港にイージス艦「やしま」が接岸!
子供にも見せてあげたいわーい(嬉しい顔)! なんて本当は私が見たいるんるん
というわけで暑い中、行ってきましたよ。

¢????〓??.JPG

デカッ!全長130メートルだそうですよ。
狭く、急な階段をいくつか上ると操舵室があった。
多くの機器がびっしり!レーダーも初めて見た!
「すごいねぇ」「海猿みたいだよぉ」「高〜い!!」とおおはしゃぎの子供。
親も・・・あせあせ(飛び散る汗)
〓[〓[.JPG
ここの地点でもかなりの高さなのだが(3階建ての住宅くらいかな?)このさらに上にレーダーがついている。

〓[??????〓.JPG
甲板を走り回り、細い迷路のような船の中を駆け回っているうちの子。
こんな嬉しそうにおおはしゃぎする子供を見るのは久しぶり。
そうだよな、いつも仕事忙しくて どっこも連れてってあげてなかった。

海猿とkakusu.JPG

目に入ったもの
制服を着てみよう!

祐希、着てムードお願いだから着てくれ黒ハート

というわけで本物の海猿と一緒に記念撮影。
着せてくれている階級の高そうな自衛官の人が
「この制服、勤続30年のボクよりも上なんですよぉたらーっ(汗)」と笑いながらぼやいてたよ。

ビシッと来た子供を写そうと携帯カメラを構えていたら
「あっ、お母さんもどうぞ!!」

ウフフ、いいんですか?

とノリノリの母。 嬉しかったよぉ!これが伊藤くんだったらもっと幸せだ。
なんて本物の潜水士さんに失礼だよね。
事件があれば最前線で命張った仕事につくんですもの、ごめんなさい。

乗船している海保のみなさん、思ったよりもかなり年齢が若い。
20.30代がほとんどだろうな。
仕事もハードだろうし、潜水士ともなると体力的に若い人が多いんでしょう。
うちにも警察官のいとこがいるけど、なんて言うのでしょう?
いとこ含めたこの人たちってすごい胸張っているって言うのかな?
頼れるっていうか、デカイ人間に見えた。
そしてとても優しい。とてもかっこいい日本の自衛官でした。

posted by かおり at 12:40| 静岡 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

忘れてはいけない心

清水区のフェルケール美術館では特別展が行われています。

「無言館」所蔵作品による
戦没画学生 <いのちの絵>展

重たい話題ですね。でもちょっと読んでください。
イヤな方はとばしてくれて結構です。

観覧料も「お気持ちがあるならば・・・」と入り口に書いてある美術館が
長野県上田市になる「無言館」である。

戦争のあった時代、東京美術学校を卒業した将来ある若き青年たちは
実家へ帰り、故郷で就職する者や貧しいながら結婚式をあげて故郷で
両親と生活する者、また愛しい恋人の待つ地へ行き、新しい生活をスタートさせようと空を見上げる者。
その青年たちに卒業してからたった数ヵ月後、召集令状が届く。
そして、恋人、両親、幼い兄弟たちに
「無事に生きて帰れたのならもう一度絵筆を持ちたい」と言葉を残し、戦地へ旅立っていった若者たち。

その人たちの最後の絵画を数多く飾ってあるのが無言館だ。
母は上田市まで行き、涙を流しながら見たそうです。

その一部が清水区のこの美術館へきていると聞き、もう一度観たいと言われ
運転手代わりに気軽な気持ちで出かけた。
美術学校卒業の彼らの絵は力強く、また熱い気持ちがこみ上げてくるような
<生命>を感じる絵です。

ふるさとの山々、美しく大好きな姉、いつも暖かい笑顔で迎えてくれる母、
若く美しい恋人、大好きな我が家、そして自画像。

あまりにエネルギーあふれる絵画に観ている私たちは圧倒されてしまうくらいの
絵の中の風景や人物。

そして、何よりたまらないのは遺品です。
戦地でも敵国の文字の入った絵の具を買い求め、不条理な日常でも絵を描きたいだけの気持ちで水差しをバケツ代わりにし、木の皮をはぎパレット代わりに使ったもの。
母、恋人、兄弟たちに書いた軍事郵便。
昔の話なのに妙にリアルに万年筆で書かれた文字が鮮明に便箋の上に
なぞられている。

ガラスケースの中にそれらはある。
軍事郵便ハガキに書かれた言葉が重い気持ちにさせる。
一枚のはがきには書くスペースがなくなるほど小さな文字で神聖で美しい
日本語でたくさんの言葉が書かれている。

妊娠がわかった一ヵ月後に召集令状が届いたある23歳の若者は
「丈夫に・・・ただ丈夫に育ててください。
 そして、その子供が大きくなった時代には
 必ず日本が幸せでありますように!」


と結婚1年目に戦地へ旅立っていったとの事。
絶対耐えられない。私には待てない。死にに行かなければならない大切な人を
送りだせないと思う。

幸せで物が溢れる今の時代の若者には到底、想像すら出来ないだろう。
当たり前の幸せが当たり前でなかった時代の本当の出来事です。

絵の横には彼らの死んだ場所、はっきりしている者は死亡原因、そしてエピソードが書かれている。
母の言葉、姉の言葉で他国で死ななければならない若い男たちへの
レクイエムが書かれている。

遺品をながめ、葉書を読むうちに ガラスケースをのぞくと涙と鼻水が
落ちそうになるくらい心が熱くなった。

他の見ているお客さまもハンカチでぬぐい、時折鼻をすする音が響いていた。
観る前はさほど興味もなかったけれど 数日経過して思い起こすと
観るべきものだったと思った。
こんな時代にしてはいけない。

inoti.JPG




posted by かおり at 15:53| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

成せばなる!成さねばならぬ何事も!

なんだ!出来るじゃん。

なんて鼻高々になってはいけない。ここまで止まりだろう目
うん、きっと!!
というわけでまぁ何とか仕上げまでこぎつけたのでアップしてみました。
やってみれば結構楽しい!
指輪.JPG  ネkック.JPG

が、作るのは楽しかったのがこれをつけて出かける場所と似合う服がない
というのはヒジョーに悲しいものたらーっ(汗)
いつもTシャツ&ジーパンだもんなぁ。

もともと・・といっても高価なのでひとつしか持っていないけど
「ミハエル・ネグリン」という人のネックレスが大好きでキスマーク
3年ほど前に代表作のネックレスを買った。

静岡でも「インテリアクサカベ」というお店で扱っている。
ここはネックレスをはじめ、イヤリング・ピアスなど種類も豊富ふくろ

基本的にはインテリアショップなのでタイルやコンセントカバーなども
イギリス王朝風やエジプト風など様々。
ちょっと入りにくい門構えのようだけど一度行って見るとみなさん結構
ハマるらしい。
クリスマス時期になるといろいろな装飾品が豊富です。
そして、安い!

私が買ったものは地味なんだけどこれが何でも合うので重宝してます
デカ.JPG  ネックレス.JPG
posted by かおり at 10:47| 静岡 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

うじゃうじゃいる

うじゃうじゃサワガニ.JPG

日曜日、子供がサワガニを取りに出かけた。
自宅から車で一時間かからない場所でまだこんなにサワガニが取れる。
これはほんの一部。 子供とメスを分けてあるからまだ20匹くらい
バケツにいるのです。

「どうやって取ったの?」と聞くと
だよ手(パー)
って言われちゃった。

たて さわがに.JPG


帰宅後、子供はすぐサワガニを見せたくて私を呼んだ。
で、思わず言っちゃったのよね、

わぁ美味しそう!!ってさ。

子供はボーゼンとアタシを見ている。
旦那が「ほら、だから言ったでしょ?ママ、食べるよって。」

ちょっとコラ待て。
まだ本気で食べるとは言ってないがく〜(落胆した顔)


帰り道、サワガニはママにはナイショにしようと話してきたらしい。
『ママ食べようとするから見せないほうがいいよ?』という旦那に
『ママは食べたりしないもん!そんな事言わないもんちっ(怒った顔)』という
話をしてきたんだと。

そこで言っちゃったんだな。あたしが。
しかもさ
から揚げなんかもイイんじゃない?って。
posted by かおり at 14:45| 静岡 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

レディースの会 【1】

本当の目的は違っていた。

6月24日、仕事の先輩方と陶器工房を見学に行った。
その帰り、レディース方のリクエストにこたえてずっと
行きたかった食事会を計画。

静岡県焼津市にある「三福旅館」 
旅館なんだけど、何回か今まで食事に行ってるけど、宿泊客初めて見たよ。
焼津港のすぐ側にあるため、新鮮な魚介類が豊富です。
数年前に連れて行ってもらって以来、ここの虜なの黒ハート

料理一筋の旦那さんと気さくで気持ちの大きいおかみさん。
どっから見ても家族経営の旅館といった雰囲気で あたしは大好き。

おかみさんが母を気に入ってくれて、それ以来とてもあたたかく迎え
いれてくれます。
あらかじめ、予約をしておけば旬の魚介類を扱ってくれます。

おなかペコペコの私たちは楽しみに、楽しみに行きました。

ここは「ワハハ本舗」が合宿をする旅館なのです。
マチャミも柴田もここの常連です。

到着し、ワハハが来るとマチャミさんと柴田さんが泊まられる部屋を
貸してくれました。

実はね、一応仕事仲間なんだけど怖く、緊張する先輩なのであたし、ピリピリでした。
そんな立場をわかってか、おかみはニコッと笑って

「いい部屋にしておいたよ。ゆっくりしてね」と言ってくれた。

おかみぃ!感謝だたらーっ(汗)!!

おかげで街道沿いの車の音以外は何もなく、落ち着けて話も出来たし
先輩方からも絶賛!!
何より、嬉しい。おかみの心づかいが心に染みました。

そして楽しみにしておいたお料理。
前菜から。
つぼの浸し煮とウナギのきぬた巻き
ぜんさい.JPGアイナメとジュンサイのお吸い物しる.JPG
お魚のお吸い物も生臭さが気になりかと思いきや!
全然、なし!
臭み消しにはよく生姜やネギなどを使うけどその味もしなかった。
何で臭みを消してるのだろう?と悩んでしまうほど。
お吸い物の味も薄味で良かった。
お吸い物にはよく入る、ジュンサイ。 これもツルッと入ってしまい
ノド越しさわやかです。

コウダイとマグロのお刺身さしみ.JPG
織部の器の下には氷が・・・ちょうど良いお刺身の冷たさが
美味しさを引き立たせます。
トロなどの脂の多い刺身は苦手なはずなのに脂っぽさを
感じないのはなぜだろう?

豚のトロ〜リ角煮
豚のかくに.JPG
これがまた絶品右斜め上!甘めの煮汁に大きい角煮がゴロン!!
お肉は口の中で噛まなくても飲み込めてしまうほどやわらかいです。
脂はやはり苦手、でも口に入れたらとろけちゃったわーい(嬉しい顔)

アマダイのから揚げ
あまだい.JPG
コレ、全部頭からイケるんでない?と思いましたが、おかみに
「タイを甘く見ちゃいけません!!」
と言われてしまった!
丸ごとイケそうなんだけどやっぱり鯛でした。
でも、身は名前の通りあまみがあるんです。
魚の丸揚げの一番好きなところはしっぽです。
尾ひれは体の汚れがたまる部分だから《キチャナイよ》って聞いた頃あるけど
あのカリカリ感がうまいダッシュ(走り出すさま)んだよなぁ。

あ・わ・び・の・お・ど・り・ぐ・い
あわび.JPG  あわび1.JPG  
これを出してくれるとは思わなかった!おかみさん黒ハート
ここのお店で最初に食べたのがこの「あわび」でした。
着火する前から網のうえでグルングルン回ってました。
がく〜(落胆した顔)『おいおい、そんなに動いて殻から外れちゃわないかい?』ってくらい。
着火爆弾されるとほんの1.2分であわびエキスたっぷりの肉汁が・・・。

わぁ!アワビのうまみジュースがあふれとるぅ!


と彦麻呂みたいなコメントしそうだったよ。
そのままお皿へ・・・そしてナイフ・フォークで食べちゃいました!

全然硬くなくて噛んでいるうちにあっという間になくなってしまう。
『も、もう少し かませておくれよ』ってくらいです。
肝も食べられました!
真緑の肝を見て、おかみが
「海草をいっぱい食べてるんですよ。これを私たちが食べると
お肌にもイイんですよねぇ決定
あら?まだそんな心配要らない方たちでしたよね、失礼しました」

といなくなった後に先輩オネエサマがひと言。

ガケっぷちだよね、あたしたちふらふら

確かにガケっぷちだけどまだあたしは大丈夫だよな

と1人で助かろうとしていたあたし。

お食事のおそば
そば.JPG
だいたいごはん・おそば・うどんのどれかなんだけど ご飯もただの普通の
ご飯じゃありません。
季節に合わせて温・冷のお茶漬けだったりもします。
今回はひんやりおそば。
薬味なしでもあっという間に食べてしまいました。

この後、カボチャ風味の茶碗蒸し風、ひんやりデザートも出ましたが
最後とあって気が抜けてしまって撮り忘れてました。

それにしても有意義な時間でした。久しぶりにのんびり食事をした!という
時間。これが大切なんだよなぁ。

帰り際に時計を見たら5時間経ってた
まぁ、たまにはよろしいな。

posted by かおり at 09:17| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

息子、蛇にかまれる

まったく・・・・何やってるんだかふらふら

学校内でいつものように遊んでいた子供が 
心ウキウキしちゃうヘビを発見黒ハートわーい(嬉しい顔)

いつものように素手で手を出したところ、ヘビは身構えずまずは
かみついたらしい

「チェッ、やられちゃった・・・霧

とそこでやめておけばいいものをしっぽを捕まえ
草むらに逃げ込もうとしたヘビをさらに引きずりだして
首根っこを捕まえて引っ張り出したという。

バケツへポイッ!と投げ入れて
しばらくはおとなしくなったところで私がお迎えに行ったのだった。

「お母さーん!←(友達の前ではこう呼ぶ)ほらぁ!!
ヘビだよぉ!」

こっちへ来るな!!
でもちょっと見せて・・・・あせあせ(飛び散る汗)
とおずおずおそるおそるバケツをのぞくと こっちをにらみつけるように
ヘビの目が・・・。
そして、まさにとぐろをまいている。

初めて見たよ。ヘビってあんな風にとぐろをまくんだな。
大人の手のひらを広げた状態なら 乗ってしまうくらいの大きさ。

デカイ!

なんとも言えないすごい柄。
鎖のような柄がはっきり体に出ている。
ちょっと細身で・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭が三角だ
すごいエラが張ったようなハート型の逆三角だ。

えっexclamation&question

頭が三角のヘビは毒持ちって聞いたことがある。

だいじょうぶかな・・・と思いながらもそのまま帰宅したがちょっと
気になって母に携帯電話

「すぐ病院行きなさい!!」
の言葉で病院へ・・・。

お医者さんも
「このくらいなら大丈夫だよ、でもどんなヘビだったのかわからないと毒があるのかもわからないな。
今度かまれたらちゃんとヘビ、持ってくるんだぞ!!」

子供は
「はーい!!手(パー)

冗談ぢゃない!!

車内で逃げ出したらどうすんだよ!!

とまぁ何事もなくて良かったたらーっ(汗)
学校の北隣は総合病院、西隣が血液センターだから何があっても大丈夫なんだけど この陽気につらえてヘビも出てくる時期。
本人にはよ〜く注意しておきました!

でも結局ヘビの種類はわからずじまい。



posted by かおり at 10:19| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

せっかくの若々しい香りが・・・

初物がどんどん入ってきますが、この風邪のせいで全然わかりません。
鼻が利かないのだ。
喉の痛みと鼻がつまっているため『試しのみ』ができない。

薬を飲んでいるため、頭はボ〜ッとしてるし・・・。
なんか・・・・ダルッ!
というわけで今日はここまで。

そうそう、小市マン。
『弁護士のくず』5話に出演。 伊藤くん、トヨエツ、小市マン。
こりゃ録画セットだ。
posted by かおり at 15:06| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

G.Wは・・・・

なーんて広告がチョコチョコ見られるようになりましたなー。
みなさまはどこかへご旅行予定はあるのだろうか?

わたくしめにお休みはございません。
毎年の事なので休みをとろうともおもいませぬが、年齢を重ねるとともに
『今年はバテないだろうか?』
『からだがもつだろうか?』
の心配が必要になってきている・・・あせあせ(飛び散る汗)
この4月の間にゆっくり休み、バリバリ働けるようにしておかなきゃ!!と思いつつ、休みとなると普段出来ない家の事で手いっぱい。
そんな私の唯一の日曜日の楽しみは昼間寝ること。そうお・ひ・る・ねキスマーク
時間があればどこでもゴロンッと寝るとあら不思議exclamation
何時間でも寝ていられるのだ。

普段は朝日が昇るとニワトリのように
←あえて年寄りとは言わない
パッチリ目が覚めてしまうのにこの時ばかりは 起きられないくらいの睡魔に襲われる。
この睡眠が普段の生活を支えてるんだろうなぁといっても過言でないくらいだ。 単なる「寝だめ」なのかもしれない。
午後からほんの2時間くらいなのだが、これがあるのとない日曜日とでは月曜日に違いがわかるくらいだ。


そしてつぶやいてみる

昔は寝ずに遊んでいても疲れなかったけどなぁ・・・

しかし、これが現実だーもうやだ〜(悲しい顔)


もういっちょ!!

彼氏をひらがな入力で「成分分析」してみたらば こう出た。

彼氏の69%は大阪のおいしい水で出来ています


なんじゃらほい?
posted by かおり at 14:46| 静岡 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

うぎゃぁお!!!

ごめんなさい・・・ったらごめんなさい。
ファイルしておいた画像をぜ〜んぶ「ん?けしちゃえ!!」と削除してしまいました。
今までの画像が全部見れなくなりました。
ひぇ〜、知らなかったとはいえ今までの画像がぁっっっ!
また一つ、ブログについて勉強しましたがく〜(落胆した顔)



//////////////////////////////////////////////////////////

と思ってなんとか復活させました。一時はどうなる事やらと思いましたが・・・。って、コレ読んでくれる人には状況がわからないね。
ま、あまり気にせんでくれたまへダッシュ(走り出すさま) バッド(下向き矢印)なんて投げやりな・・。
posted by かおり at 14:54| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。